報告報告。

 まず、現状報告。

 おかげさまで米光一成賞受賞した、ってのは前回参照。

 で、うちは目下年36冊刊行計画ってのをやってます。はい、無謀です。

36冊計画の現状

それで、その計画の現状の状況。

2月6日 「スパアン」刊行(ノベルジャム米光一成賞受賞)
1月31日 ガンズ&ユニバース2号「遊撃騎兵隊絶望戦記1」掲載
1月23日 「エースアクティブ2」刊行
1月1日 「なんなの」短編2編掲載
      positionACT-01「絶望の降下兵」掲載 
12月29日「戦闘快特・濱風」刊行
12月15日 SF雑誌オルタニアvol2「私を追いかけて」掲載
12月9日「鉄研でいずF」刊行
12月7日「エースアクティブ1」刊行

 と、目下83日経過で8冊刊行・掲載。雑誌寄稿がカウントに入るお陰で助かってます。あと「スパアン」を一冊とカウントしてる。あれは1冊だよね。3万字ルールは下回ってるけどあれを1冊と数えないのはいろいろと失礼なので。

 ところが。
 企画開始から3冊はクリスマス前なのでカウント入れないんだった。やべえ計算間違えてた。
 よって、経過日数は83日だけど、カウント開始からは62日。16.99%経過。
 カウントできる刊行冊数は5冊。13.89%。
 というわけで、未達率3.1%。
 日数にすると12日の赤字!! ひいい!! はやくもがっつり赤字生活突入してた!

 なんとか12日分の遅れ回復しないと。
 お勤めもあるし、取材もしなくちゃいけないし、かなりきつい。

 とはいえ、まだ12日の赤字ですんでる。(なんだこのポジティブ思考)

 まあ、頑張るしかないよね。

 で、目下、「エースアクティブ3」とか、プリプラシリーズのリニューアルとか、結構力業の大作3本とかいろいろ抱えてます。けっこうしんどいのですが、それもなんとかやりたいなと。

 あと、印税収入。翌月10日確定なのでちょっと遅れるのね。あとBCCKSから他に配本してる本の印税はさらに遅れる。

 2016年11月 6209円 74部(参考)
 2016年12月 4824円 55部(参考)
 2017年1月 5333円 53部

 うっ、なかなか厳しいぞ。集計期間に入ってから5333円しか入ってない。
 現実は厳しいのです

ノベルジャムその後

で、ノベルジャムその後。

 参加して、そのうえ受賞できたんだなあ、と嬉しさがしみじみ。でも現実生活に戻っていくので、ああ、あのまさに全力、全身全霊を注げた体験が、ほんと夢幻のように思い出されるのです。楽しかったなあ。本当に。一緒に参加した人々にも、スタッフのみなさんにも、本当に素敵な時間を深く感謝。

 とはいえ、やっぱりもっともっとと欲が出るのが人間の悲しい性。

 というわけで、裏ノベルジャムなるカクヨムユーザー自主企画に作品投入したりしてるわけです。

 ナイスファイト!(米田淳一) - カクヨム

 作家管理標準規約(米田淳一) - カクヨム

 プロローグ・エピローグ(米田淳一) - カクヨム

 作品3本も投入しちゃってるという、ね。どうかしてるぜワタクシ。

 まあ、これもいずれまとめて3万字超える短編集に入れちゃおうという下心アリ(ヒドイッ)

 あと、ナイスファイト!の執筆の様子、2分間隔でスクリーンショット撮るアプリがあったので、2時間30分を6分にまとめた執筆状況ムービーなんてのも作ってみた。


時間なければこんな感じに書くしかなかったよなあ。

で、小説書いてるわけですが、

取材と称して、



こんなお出かけをして、


こんな感じに鉄道模型を走らせて、


こんな動画も撮ってるわけです。

ええ、取材です。取材ですとも。

取材って、いろんな免罪符に使えて便利(ヒドイッ)。

あと、


この宿は東京出張の定宿になりました。だって安くて楽しいんだもん。

オルタニアフライデー

 それと、SF雑誌オルタニアの読者と著者の交流イベント開催。

 プレミアムフライデーに合わせて実施。まあ休みなんか早々とれるかい、だけど、そこはこの企画でプレミアムにしてしまうのです。なければ作れば良いんです。


東京にはまたこれでお出かけ。
だって荷物多いんだもん。


ああ、模型作りたいなあ……。(もはやビョーキ)


で、開催。


遠方の著者からはビデオメッセージが。


出席できなかった著者はこんな。ゼーレか。



波野發作さんによるオルタニア全体のプレゼン。


著者紹介。 


波野さんのオルガニゼイション講義の板書。



ちなみにその時の様子。38分もあるよー。でも面白い。

まあそのうちダイジェスト版動画も作るかも。


そして「にごたな」というオルタニア別冊企画の話も。

2月31日発売予定。ええ、2月は31日まであるんです。つまりはそういうことです。


で、私のプレゼンの様子。


うちのプレゼン。


受賞の報告もしました。

もっと工夫したかったなあ。まだまだ改良の余地あり。

でも、読者が実在したということにびっくり(ええっ)。

みんなで二次会でさらに深くお話しできてびっくり。

その読者にとって、セルパブも商業も同じ土俵だという事にびっくり。

まあ、そりゃそうだ。まさに実力勝負だよね。

出版の世界が変わっていくんだなあとうれしく思いました。

本当に面白い本目指してるのはみんな同じだもんなあ。



この時点の刊行冊数(2016年12月5日の企画開始から83日目)

BCCKS(共著含む)47種類(+5)
AmazonKDP 10種類(+3)
KOBO・パブー 45種類(+0)

合計 103種類

目標冊数 36冊
発行済み冊数 5/36冊(残31)

ゴールの2017年12月25日まで、302日。

コメント

このブログの人気の投稿

食い詰め作家のノベルジャム参戦記!

「オルタニア」2号刊行と、BCCKSエクスポートの結果

はじめに・この企画の趣旨。