投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

「SFオルタニア」4号、発売直前のお知らせ。

イメージ
いま、夢とワンダーへの旅立ちのミュージックホーンが鳴る。
「SFオルタニア」4号「SF鉄道の夜」、まもなく発売です。

 発売直前のご案内を申し上げます。


 この雑誌、BCCKSというサイトから、電子版と紙本版でお送りします。
https://bccks.jp/

 電子版はサイト上の閲覧だけでなく、ダウンロードもできますので、お好みの電子書籍アプリもお使いいただけます。PCだけでなくスマホやタブレットでもご覧いただけます。
 紙本版はご注文をいただいてからの印刷製本になりますので、お届けに2週間ほどお届けにお時間をいただきますが、ご注文と同時に電子版をお読みいただけるようになっておりますので、紙本の到着まで電子版でお楽しみいただければと存じます。
 価格は電子版540円、紙本版は1890円です。紙本版は別途送料がかかりますので、ご注文時にお確かめください。

 内容を今一度ご案内申し上げます。

 淡波亮作さん。渋いサスペンスアクションSFです。舞台は東欧のとある豪華列車からはじまります。
 波野發作さん。宇宙のローカル鉄道を舞台にした笑いあり涙ありのトラベルミステリーSFです。
 山田佳江さん。「詐欺師の鍵」連載のいよいよ大詰めです。謎が謎を呼ぶ今回の舞台はとある地方の鉄道です。
 伊藤なむあひさん。お休み明けの作品は「リロ」の続きです。緻密な構築のSFで、鉄道のメタファーがあります。

 続いてゲストをご紹介申し上げます。

 神楽坂らせんさん。群雛で活躍していた以上にはじけた、理知的でフレッシュなSF。舞台は昭和末期の東京の鉄道網。
 竹島八百富さん。この人も群雛以来。独特のキレを見せる今回の作品はローカル線でのまさかの体験。
 出雲轟一さん。ゲストイラスト「夢列車2017」として「トワイライトエクスプレス瑞風」による夢の旅を表現。

 そして私・米田淳一は作品とともに表紙作成です。表紙は「四季島」モチーフのCGです。

 担当編集長は北急電鉄山際・米田淳一です。

 まもなく「SFオルタニア」4号、「SF鉄道の夜」、発売でございます。
 ご購入の準備をおすませになり、今しばらくお待ちください。

 というわけで、「SFオルタニア」4号、まもなく発売です。

 SFオルタニア、今回6月1日発売予定って、早くね? という話も。それについて。

 実は、もともと今回は6月15日頃の発売計画だったんですよ。ところが、思った…